映画制作の教科書

【新発見】演技のトライアングルをつくる。俳優(女優)が演技力を高めるコツ

2021年10月3日

https://hadakanoblues.com

本日はお芝居のお話です

映画・ドラマ業界で働き20年が経ちました。
邦画界で第一線のメジャー映画をつくっています。

本職はフリーランスで
映画、ドラマのプロデューサー/ラインプロデューサーをしています。

幅広く映像制作をしていますが、
予算が2億以上の企画に参加していることがほとんどです。

映画・ドラマ業界で働き20年が経ちました。
邦画界で第一線のメジャー映画をつくっています。

本職はフリーランスで
映画、ドラマのプロデューサー/ラインプロデューサーをしています。

幅広く映像制作をしていますが、
予算が2億以上の企画に参加していることがほとんどです。

現在は年末配信する大型バラエティ企画、2022年配信の連続ドラマの企画、2023年劇場公開映画の企画などを進めております。

この記事は5分で読めますが、3回読むことをおススメします。

普段は「役者」「演技」のことはnoteにまとめているのですが、
お芝居のことだけでなく様々なことに応用できると思ったので、
この記事はコチラに書くことにしました。

この記事を読むとお芝居に関する視野が広がり今まで以上に芝居に深みが増していきます。

芝居のやり方がわからなかったり、迷いがある。
方向性が定まっていない人におススメの内容となっております。

ある映画を観ていて思い出した巨匠から学んだ演出のやり方を基にお芝居の考え方のヒントをお伝えしていきます。

それでは書いていきます。

【新発見】演技のトライアングルをつくる。俳優(女優)が演技力を高めるコツ

自分と相手と何か?3つ目の設定

この話を思い出したのは不倫を題材にした作品です。

夫、妻、不倫している男性というよくある関係で物語が進んでいきます。

物語の中で妻と不倫男性が夫を殺害してしまい、
妻が苦悩して崩壊していくといった内容です。

思い出した話というのはドラマ界の巨匠石橋冠さんとご一緒した時に仰っていた演出に関することです。

『小柳君、演出するときはね演技のトライアングルを作りなさい』

「はい!」

とその時は答えたのですが、
よく意味が分かっていなく、
経験を重ねると共に少しずつ理解できるようになりました。

演技のトライアングルをつくる。

どうでしょうか?
この言葉だけでピンときた人もいるかと思いますが、

言葉の上辺だけを読み取ってしまうとなんだかよくわからないですよね?

僕がお伝えするものは再現性が高く誰でもできて、
最短で学ぶを理想としているので、

間違った方向に進まないように
僕が思うことを巨匠の言葉をアレンジして解説していきます。

演技のトライアングル

皆さんは三角関係と言われてどんなことを思いつきますか?

わかりやすいものだと恋ですよね?
AもBもCさんが好きでCさんは両方とつきあっているみたいなこと。

先程お伝えした不倫映画の関係もそうです。

演技のトライアングルを簡単にお伝えすると感情の三角関係のことです。

これをお芝居として考えていきます。

AさんがBさんのことを好き。
BさんもAさんのことを好き。

この関係を芝居して下さい。
と言われた場合、誰がやっても同じような演技になると思います。

ここにCさんとの関係を入れてみます。

・AさんがBさんのことを好き。Aさんの親友のCさんもBさんのことが好き。

・AさんがBさんのことを好き。BさんにはCさんという彼女がいる。

・AさんがBさんのことを好き。Bさんの元彼女のCさんのことを知っていて彼女に負けたくない。

Cさんという設定を入れ込むことで芝居が変わってきますよね?

他の例も出していきます。

・AさんがBさんのことを好き。レストランで目の前に出てきた料理はBさんの元彼女の得意料理だ。

・AさんがBさんのことを好き。誕生日にあげるプレゼントは元カレが最高に喜んでくれたのと同じ高級ブランドの財布だ。

人だけでなく物との応用も可能です。

このように自分と相手という関係だけでなく、
自分と相手と何かを掛け合わせることでお芝居に感情を載せていくことができます。

これは日常生活の中で普遍的に感じることの一つであり、
この部分があるからこそ人に共感をすることができる部分です。

表面上のお芝居をしている人は大体この3つ目の設定が曖昧な人が多い。
芝居がブレていくのがわかります。

3つ目の設定をするのにペルソナをつくる人がいます。

ペルソナを設定することはとても大事なことですが、
ペルソナをつくる時に大体の人が、
間違えて設定をするので全く意味が伝わらない芝居になる人もいます。

「そもそもペルソナの設定を理解できていないんじゃない?」
と思うこともあります。

僕の見解から言うと作りこみすぎたペルソナを芝居に入れ込むには時間が必要だと思っています。


そのため、あまり深く考えすぎないことも必要です。

じゃあペルソナどうやってつくるの?

この部分に関しては今後noteで説明していきたいと思います。
情報を見逃したくない人はnoteをフォローしておいて下さい。

まとめ 1人ではなく多数でつくる

この演技のトライアングルを聞いて僕が思うことはお芝居は1人ではなく、

多数の人間関係が重なってつくるものだと思います。

ご飯を食べるという当たり前の様なお芝居であっても、
デートのシーンであればその食べ物が、
元カレが好きだったものは食べたくないと思うかもしれないし、
元カレと同じものを食べる今カレに思うことは男は同じ食べ物を好むなのかもしれませんし、

自分と相手だけでなく脚本に書かれていない第3者を追加することで、
芝居もやりやすくなりますしオリジナルな要素を追加していけると思います。

芝居のトライアングルを意識してやってみてはいかがでしょうか?

映画やドラマの脚本で難しいのは読解する力だと思います。

では有名な役者さんやタレントさんは全てこの読解する能力があるの?
と聞かれたら答えはノーです。

読解力があれば有名になれる。
演技が上手くなれる。
というわけではありません。

しかし、この読解という部分に関しては、
映画やドラマをつくる上でとても大切な部分なので、
今後も読解力を高めていく方法を記事にしていきたいと思っていますので、
皆さんが悩んでいることなどをこの記事に引用をつけてTwitterで投稿して頂けたら、
その悩みを解決できるような記事を考えてみたいと思います。

引用ツイートして下さる場合気づきにくいので@~をつけてタグ付けしてください。

必ずチェックしていきます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

宣伝

ブログでは主に映画制作に向けた知識の共有をしています。
シェアやブックマークして頂けますと幸いです。

Twitterもやってます!
良かったら下記のフォローボタンからフォローしてください。

noteでは役者さん向けの知識の発信をしています。
https://note.com/tmbox/n/n15ea74856361

一緒に企画をやる仲間も募集してます。
コチラからご応募ください。
https://forms.gle/8S7wcs1pswi5zqZS8

フェイスブックでSMICというグループを主宰してます。
不定期の勉強会を月に数回やっています。
現在は50名を超え定員オーバーで空き待ち状態ですがご興味ある方は申請してみて下さい。
https://www.facebook.com/groups/smovie/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小柳智則

映画・ドラマのプロデューサー。予算2億円以上の映画、ドラマの企画を主に本業にしています。 できることは、 プロデューサー/ラインプロデューサー/制作部/ロケーションデザイン/地域活性/動画コンテンツプロデュース/PV/MV/企業VP/YouTube/映像コンテンツ制作/SNS運用/講師/脚本添削

Learn More

1

小柳智則 本日は学びを超加速させる方法を記事にしました。 映画・ドラマ業界で働き20年が経ちました。 業界では、ベテラン・プロフェッショナルです。 本職はフリーランスで映画、ドラマのプロデューサー/ラ ...

2

小柳智則 はじめまして映画・ドラマのプロデューサーをしております小柳智則です。 このページには小柳智則ができることをまとめました。 映画・ドラマ業界で働き20年が経ちました。 業界では、裏方のプロフェ ...

-映画制作の教科書
-